« 真夜中の腹痛 | トップページ | 結婚3周年記念前祝(笑) »

チャイルドシートとその車

  38w5d  

みなさんこんばんは。食べ過ぎの腹痛も前駆陣痛も乗り越え、いまだにおちびちゃんは腹の中のピピンです(笑)。うーんいつ生まれるんだかなぁ。

出産でバタバタする前にやっておきたい事が何点かあります。ひとつは出産関係の手続きの書類を作成してまとめておく事。なにせ旦那に僕ひとりじゃ何にもできないよと泣きつかれましたからうーむ。不安なのは分かるけれど、役所に印鑑や免許証や通帳をどかーんと持っていけば役所の人が全部処理してくれると思うんだけどなぁ。でも丸投げするのもちと可哀想かなと新生児欄を除いてこつこつ記入&捺印&添付書類集め。旦那行動チャートまで作りましたよ(笑)。

そしてもうひとつ、難関のチャイルドシート購入。地元の赤ちゃんデパート水谷へ買いに行きました。遅い遅すぎる!!チャイルドシート購入は何も動かない旦那に喝を入れるため購入を一任していたのですが、まったく動かず。しびれをきらして引っ張っていきました。

そもそも旦那は店舗に行って売れ筋の商品を買うタイプ。私は事前に下調べして実店舗で商品と値段をチェック、ネットも利用して一番安いところで購入するタイプ。全然違うのです。あらかじめチャイルドシートのカタログを見るようにと数ヶ月前から手渡しておいたのに、旦那は一切見ていませんでした。ムキー!!店では整然と並ぶチャイルドシートと店員の商品説明に圧倒され、もう何でもいいやとベンチで休憩。おーいやる気あるんかいアンタ。でも確かに価格もピンからキリまで、形状もありすぎてよくわかりません。

Seat

悩んで選んだのはタカタの04-neo。タカタはシートベルトやエアバッグを製造している会社なので安全性は確かかと。値段も中堅どころ。シートが360度回転する商品は魅力的でしたが、我が家は車を運転できるのは旦那のみ&実家でも男衆しかハンドルを握らないので、男性陣に頑張って乗せてもらえば別に回転しなくてもいいかなと。それに新生児のうちは外出自体そうそうないだろうし、体重が増えてきたら逆に赤ちゃんを乗せてシートを回転させる事が重くて男性でも難しくなるそうです。

やっと購入してひと安心。うちに帰ってきたらお義母さんから電話がありました。

なんでも入院中のお義父さんはもう車を運転できないだろうから、私達の10万キロ越えの車を廃車してお義父さんの車をお前達にやると家族会議で決まったと。旦那と私呆然。なんじゃそりゃ!こっちは車種に合わせてチャイルドシート買ってんのに。おまけにお義父さんの車は社用車で、チャイルドシートのカタログの車種一覧にものってない。

まぁチャイルドシートはおいといて、何よりもお義父さんは入院中で自己判断が難しいのに、身内が勝手に判断して動く事が信じられません。そりゃ我が家の車は今回車検で30万越えしちゃう程のおんぼろ車だけど大切に乗っています。思いでもあるし、まだまだ走りますのに。

お義父さんは一生懸命リハビリ中。退院して家に帰ってきた時に家が変わっていたらどう思うだろう。そりゃお義父さんが生活しやすい様にバリアフリーに改造したり、物を移動する事は必要不可欠だとは思います。でもそのまま残しておく事も大切なのでは。車もそのひとつ。何でもかんでも変えてしまったら、それはお義父さんにとってやっと安心できる場所に帰ってきたという喜びを奪うものではないのか。車を運転できるできないはどうなるか分からないけれど、それを判断するのは所有者のお義父さんでいいじゃない。どうせ乗らないのに車の維持費だけかかるのはもったいないだなんて見当違いだと思います。

お義父さんの意見を聞きにお義母さんとお義兄さんが病院へ行ったら、お義父さんは承諾したそうな。そりゃ今のお義父さんはそう答えざるを得ないでしょうよ。ただでさえ左半身麻痺という悔しい思いをしているのに、更に現実を突きつけるなんて事・・・。

旦那と私はお義父さんの気持ちをもっと汲み取って、車はそのままにしておこうと何度も家族に説得を試みましたが却下。2月中にうちの車は廃車、お義父さんの車を私達が譲り受ける事になりました。夫婦で涙。悲しい限りです。

Lilypie

|

« 真夜中の腹痛 | トップページ | 結婚3周年記念前祝(笑) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャイルドシートとその車:

« 真夜中の腹痛 | トップページ | 結婚3周年記念前祝(笑) »